クラウドネイティブDNS

モダンなDNSインストールをもっとも効率的に実行する

page-DNS-001

岐路に立たされたネットワーク事業者

 

ここ数年、モバイルおよび固定ネットワークの要件は大きく変化しています。ネットワーク事業者とサプライヤーは、限界点に達しています。NFVを含む従来のアプローチでは、次世代ブロードバンドや5Gなど、サービスが高度に分散され、ネットワークのエッジに展開されるような最新のネットワークにおいて、今日のニーズを満たすのに十分な効率性と俊敏性が得られません。そのため、次世代のネットワークインフラとしてクラウドネイティブなソリューションを求めるネットワーク事業者が増えています。

 

 

"クラウドネイティブテクノロジーは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドなどの最新のダイナミックな環境で、スケーラブルなアプリケーションを構築・実行することを可能にします。例えば、コンテナ、サービスメッシュ、マイクロサービス、不変のインフラ、宣言型APIなどがその例です。これらの技術は、復元力があり、管理しやすく、監視可能な独立性の高いシステムを実現します。堅牢な自動化と組み合わせることで、エンジニアは最小限の労力で影響の大きい変更を頻繁に、そして予測どおりに行うことができます。"

CNCF クラウドネイティブの定義  

 

OX PowerDNS Cloud Controlは、クラウドネイティブデプロイメントでOXPowerDNSを有効にします。

OX PowerDNS クラウドコントロール
csm_Light-version-WIDTH_2b01d9a98a

クラウドネイティブなセットアップが今後の成功の鍵になる

クラウドネイティブテクノロジーは、ネットワークプロバイダーが新たな課題に対処するために役立ちます。コンテナ、サービスメッシュ、マイクロサービスは、現代のダイナミックな環境でスケーラブルなアプリケーションを使用することを可能にします。

  • Description (1)ネットワークエッジの低コストなハードウェアに他のサービスと一緒に配置する
  • Description (1)市場投入までの時間を短縮
  • Description (1)管理可能なリソースとPaaSテクノロジーの利用
  • Description (1)コストパフォーマンスに優れたコンテナ型のインフラ
  • Description (1)様々な要件に対応する拡張性のあるセットアップ
shutterstock_1212215284-new-cut-2

クラウドネイティブへの移行については、ホワイトペーパーで詳しくご紹介しています。

ホワイトペーパーのダウンロード

OX PowerDNS Cloud Controlによる

クラウドネイティブなDNS

クラウドネイティブDNSは、拡張性の高い分散型DNSを実現し、運用チームによる導入と拡張を簡素化します。
DNSにクラウドネイティブなアプローチを採用することで、お客様は効率的なリソースの利用が可能になり、ネットワークのエッジまでDNSのインストールを拡張する費用対効果の高い方法を提供します。

 

OX PowerDNS Cloud Controlは、OX PowerDNSのクラウドネイティブな導入ソリューションを提供します。ネットワーク事業者は、より効率的なリソース使用の恩恵を受けることができ、将来のニーズに合わせてDNSインストールをスケーリングするための費用対効果の高い方法を提供します。OX PowerDNS Cloud Controlは、コンテナ化、自動化、オーケストレーション、ライフサイクル管理、モニタリング、アラートを提供し、構成と管理を簡素化するための単一のインターフェイスと組み合わせます。

 

 

csm_icon004_e5649d2f12

高い拡張性と

柔軟性

 

DNSには、将来的なスケーラビリティと、予測不可能な需要(メディア、スポーツイベント、パンデミック)に対応するための弾力的なスケーリングが求められます。


csm_icon001_826acae38a

エッジコンピューティング

による地理的分布

 

ユーザーの近くに設置されたDNSサービスは、5Gインフラなどのレイテンシー目標を達成するため、数百または数千の拠点で実行されます。


csm_icon003_f534dece35

自動化、オーケストレーション

ライフサイクル管理

 

洗練された自動化とオーケストレーションにより、複数の拠点でサービスをリモート運用する際の膨大な運用作業を回避し、高い信頼性と低レイテンシーを実現します。


csm_icon005_6cec0b1568

コンテナ化でVMの

オーバーヘッドを解消

 

コンテナ化は、他のサービスと共有され、ベアメタルVMで実行される場合、エッジコンピューティングハードウェアの制限を処理します。


csm_icon002_55f5dfc748

コスト

エンジニアリング

 

商業的に成功するには多くの離れた場所に大量のサーバーを配置することに伴うコストとリソースの投入を最小限に抑えることが重要です。


OX PowerDNS クラウドコントロール